()

Updated on 6月 9, 2020

客室乗務員がストレスを緩和するためのヒント

2005年に行われた調査によると、客室乗務員の21%が自分の仕事は「かなり」または「非常に」ストレスが多いと述べている事がわかりました。一般には知られていませんが、パイロットや客室乗務員は勤務時間中に大きなストレスに直面しています。民間航空会社のパイロットは、スムーズかつ乱流に巻き込まれない空の旅で乗客の安全を保証する事のみならず、フライトを時間通りに保つことが期待されるため、非常に強いストレスを感じるのです。フライトおよび客室乗務員のストレスを起こす多くの要因がありますが、それらは 物理的、生理学的、心理的の3つのカテゴリーに分類できます。

•物理的にストレスを起こす要因として、温度と湿度の変化、航空機からの騒音と振動、または機内の酸素レベルの低下や、自身の足でかなり歩くと言う事実が含まれます。

•生理学的にストレスを起こす要因として、疲労、睡眠不足、のどの渇きまたは空腹感が含まれます。

•心理的にストレスを起こす要因として、プライベートの人間関係、乗客や同僚からの要求、なすべき仕事の期限に関係する感情的なものに関連しています。

職場でストレスを管理する10の方法の動画をご覧下さい。

ストレスに向き合うためのヒントを次に記します。

フライト前

  • 難しい乗客への対応の仕方に慣れておく。
  • 必要な時に実施できるリラクゼーション技術を身に着けておく。
  • 仕事を始める前に、十分な睡眠をとって運動をし、飲酒は避けておく。

フライト中

  • ゆっくり深呼吸し、呼吸のスピードに注意する。
  • 自分の体のどの筋肉が緊張しているかを認識し、該当する筋肉をリラックスさせる。
  • ネガティブな思考からポジティブな思考に心を変える。
  • 乗客からの要求がどんなに困難であっても、それは自分個人に向けられたものではない事を思い出す。
  • 事態が手に負えなくなるほど悪化したり、自分で対処できない場合は、同僚に助けを求める。

フライト後

  • 着陸後に自分がいつもしているくつろぎのリラクゼーションの儀式を行う。
  • 十分な睡眠をとる、運動をする、体に良い食事をするなどの準備をする。
  • ストレス日記にあなたがストレスを感じた内容を書く。
  • 同僚や上司からのフィードバックを求める。
  • ストレスの多い出来事が何度も起きている事に気づいた場合、カウンセラーと連絡を取り、話をする。
TeleMeは、ヘルスケアへの便利で効率的なオンラインおよびオフラインアクセスをコミュニティに提供するために構築されました。

免責事項。 TELEMEのブログ投稿には、健康状態と治療に関する一般情報が含まれています。専門的な医学的アドバイス、診断、または治療の代替となることは意図されていません。情報はアドバイスではなく、そのように扱われるべきではありません。

何らかの病状に苦しんでいると思われる場合は、医師または他の専門の医療提供者にすぐに医師の診察を受けてください。このウェブサイトの情報により、医学的アドバイスを遅らせたり、医学的アドバイスを無視したり、治療を中止したりしないでください。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count:

No votes so far! Be the first to rate this post.

As you found this post useful...

Share it on social media!

We are sorry that this post was not useful for you!

Let us improve this post!

Tell us how we can improve this post?