()

Updated on 6月 9, 2020

職場で言葉や身体的なトラウマ(心的外傷)の原因となった過去の出来事への対処法を学ぶ

ほとんどの人々は自分自身が性的または肉体的暴力、いじめ、重大な事故、自然災害などの犠牲者や目撃者になるとは思っていない事でしょう。そのような出来事に遭遇する事は非常に苦痛で圧倒的であり、その結果自分自身や他の人々に身体的危害を与えてしまうリスクが伴います。このような状況は、多くのストレスと無力感を引き起こす可能性もあります。

トラウマの原因になる出来事に直接または間接的に関わった場合、それに対する反応や、トラウマに向き合うために要する時間は人によって異なります。人々が出来事の直後にショックと否定の感情を経験することは非常に一般的です。 数時間または数日後、これらの感情は次第に薄らぎ、他の思考や感情に置き換わる場合があります。

心的外傷となった出来事の経験から3日~1か月後に、下記の事を経験するかもしれません。

•出来事のつらい記憶が無意識に繰り返し戻ってくる。
•出来事に関連した悲惨な夢を何度も見る。
•出来事のフラッシュバックや、その時の経験がよみがえる。
•出来事を思い起こさせる人、場所、会話、活動、物、状況を故意に避ける。
•頭痛、吐き気、めまいの症状がある。
•イライラ感、怒り、不安、過度の警戒心、罪悪感または悲しみを感じる。
•睡眠、食事、または疲労に関する問題がある。
•集中できない。

これらの症状は、トラウマ的出来事に対する自然な反応です。 それを認識して受け入れる事が重要で、そうする事により早い段階で調整を行い、より早く回復する事ができます。 トラウマが悪化する前に対処すべくいくつかの方法を次に記します。

1.信頼できる人または精神衛生の専門家に、何が起こったかについて話して下さい。何が起こったかを理解するために経験した辛い出来事の詳細を検討していきます。

2.つらい感情に蓋をしないで下さい。そのような感情を無視する事は、その思いがさらに悪化するだけです。

3.苦しい気持ちはいつか消え去る事を自覚し、自分自身に十分な時間を与えましょう。

4.つらい思いをしている時、家族、友人、同僚にサポートしてもらいましょう。きっと力になってくれるはずです。つらい時も、あなたは独りぼっちではない事を覚えておいて下さい。

5.自宅や職場では通常のルーチンを維持するようにして下さい。

6.これらの感情を楽にするために薬物やアルコールを使用しないで下さい。スポーツや音楽など、リラックスできる他の方法を見つけて下さい。

7.定期的な食事や十分な睡眠をとったり、運動をする事により、自身の健康を保ちましょう。

8.自分が通常好きな事をするのに時間を費やしましょう。

9.自分に優しくし、休憩もとりましょう。

10.仕事上の問題がある場合は、上司に相談して、必要なサポートをしてもらいましょう。

フラッシュバックやトラウマ的な出来事の記憶が繰り返し戻って来る時はいつでも、グラウンディングテクニックを使って、自分自身を現在の瞬間に戻して下さい。

Kati Mortonのグラウンディングテクニックの動画をご覧になりたい方は、こちらをクリックして下さい。

Kati Mortonのグラウンディングテクニックをご覧下さい。

TeleMeは、ヘルスケアへの便利で効率的なオンラインおよびオフラインアクセスをコミュニティに提供するために構築されました。

免責事項。 TELEMEのブログ投稿には、健康状態と治療に関する一般情報が含まれています。専門的な医学的アドバイス、診断、または治療の代替となることは意図されていません。情報はアドバイスではなく、そのように扱われるべきではありません。

何らかの病状に苦しんでいると思われる場合は、医師または他の専門の医療提供者にすぐに医師の診察を受けてください。このウェブサイトの情報により、医学的アドバイスを遅らせたり、医学的アドバイスを無視したり、治療を中止したりしないでください。

How useful was this post?

Click on a star to rate it!

Average rating / 5. Vote count:

No votes so far! Be the first to rate this post.

As you found this post useful...

Share it on social media!

We are sorry that this post was not useful for you!

Let us improve this post!

Tell us how we can improve this post?